*

家選びで失敗しない!いい中古物件を選ぶポイント追加

画像汚い

仕上がりの雑なコーキング プロの施工ではない感じ

 

 

自然の影響力は凄いですね。

九州に上陸した台風の影響で大阪は朝、爽やかで涼しかったです。

 

 

昨日の記事の家選びで失敗しない!いい中古物件を選ぶ2つのポイント

を書いてから

まだ雨漏りしている可能性のある物件を

見分けるポイントを思いだしました。

それは外壁を観察して欲しいんです。

冒頭の画像のようにコーキングの施工が雑な場合は要注意です。

 

雨漏りは、屋根から雨漏りしていると思う方が多いみたいですが、

実は外壁から雨漏りしている事も結構あるんですね。

住宅は築年数が経ってくると色んな所が弱ってきます。

外壁も勿論弱ってきます。

そうなると外壁から、雨漏りする事もあります。

 

その時に元の持ち主さんがご自分で雨漏りの補修をされる事もあります。

そして、原因を解明できてなくても

たまたま止まる時もあります。

そのまま止まってくれていたら問題はないのですが

 

あなたが購入してしばらく経ってから

雨の降り方や風の吹き方でまた、雨漏りする可能性があります。

画像のようなコーキングで補修した箇所がある場合は

注意深く確認して購入された方がいいと思います。

中古物件を選ぶには、

昨日の記事、家選びで失敗しない!いい中古物件を選ぶ2つのポイント  

と合わせて参考にしてもらえると嬉しいです。

 

The following two tabs change content below.
谷垣徳憲

谷垣徳憲

代表取締役プロシーリング有限会社
谷垣徳憲 プロシーリング有限会社 代表取締役 1963年大阪市生まれ 大阪市鶴見区でコーキング屋を経営する。 住まいの気になるすき間や穴埋めの事等をブログで紹介している。 現場ですき間や穴埋めをし、お住まいの方が安心して生活できるようにという想いから、建物の気になるすき間を誰でも埋めれるようになる「ちょっとしたすき間なら自分で埋めれるようになるコーキング教室」を開催している。

関連記事

IMG_0880-1024x765

すき間はすべてコーキングで埋めれるわけではありません

本日の大阪は曇り空で夜になってから激しく雨が降ってます。   家を購入すると

記事を読む

腐食

大切な住まいの外壁を長持ちさせる対策

本当に暑くなりました。 奄美地方はつゆ入りしたそうですね。 梅雨が段々北上してく

記事を読む

カラーベスト

注意‼︎埋めると雨漏りするすき間

カラーベストの屋根 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、 コーキングで住まいのすき

記事を読む

IMG_6259

理想の住まに住むのに大事なこと

見積書   こんばんは‼︎ 住まいのすき間や穴をコーキングで埋め

記事を読む

抑え

気になる外壁のすき間をきれいにしあげるコツ

   仕上げ用バッカー   こんばんは。 今年も残り少なくなって

記事を読む

IMG_7895

雨漏りの原因を見つけるのに大切な三つの心掛け

水をかけて雨漏りの調査 こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

記事を読む

剥がれる

養生テープがつかない!質問にお答えしました

剥がれたテープ   毎日建築現場にいるといろんな職人さんにあいます。

記事を読む

フード換気

壁に雨漏りしそうなところがない!という場合の原因はここかも⁉︎

部屋の空気を循環させる換気フード こんばんは。 コーキングですき間や穴を埋めて素

記事を読む

Ⅱ屋上

屋上のきれいな花は雨漏りのもと!?

見張らしのいい屋上は気持ちが良い   こんばんは、建物のすき間や穴をコ

記事を読む

打ち替え10

外壁の寿命を予めお伝えする事は重要と思う

古いコーキングを撤去している所   こんにちは! 住まいのすき間

記事を読む

4FB4DAE0-07DB-482D-9063-D836981757E5
雨漏りの原因を発見するのに大切な二つのポイント

もようじ 雨漏りでめくれかけているクロス こんばんは。

材料種類
雨が降るとよく訊かれる「雨でコーキングが流れませんか?」という質問に答えました

ALCの外壁 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

CIMG2972
壁にすき間があってもすぐに雨漏りしない理由

コーキングが切れた外壁 こんばんは。 雨漏りの原因のす

IMG_7391
コーキングをうまく施工するには先ずコレです。

コーキングの職人さんではない方が施工したコーキング &n

IMG_7895
雨漏りの原因を見つけるのに大切な三つの心掛け

水をかけて雨漏りの調査 こんばんは。 雨漏りの原因

→もっと見る

PAGE TOP ↑