*

壁の内部はどうなってるの?解説しますね。

コーキング古い

劣化したコーキング

古くなったコーキングを打ち替える時、お施主さんに質問をうけます。

質問を受けた中で多いのが、外壁の裏側がどうなっているのか?

というのがあります。

壁の内部が見る事ができないので 不安になられるみたいです。

不安が解消出来るように、 外壁の内部の事について今日は書かせていただきますね。

まず、サイディングの裏は空洞になっています。 その空洞は通気層といものです。 断面壁

壁の断面

画像は壁の内部を上からみたところです。(説明し易いようにベランダの手すり部分を撮影)

赤マルの所の上から サイディング、通気層、防水紙、建物本体になってます。

建物本体に断熱材が入ってます。

建物の外壁に通気層があることで住宅に良いことが大きくわけて4つあります。

一つ目は湿気がたまりにくい。

通気層は建物の上部と下部にすき間があって そのすき間から外気が出入りし、

外気と一緒に湿気も出しています。

二つ目は仮に雨水がサイディングの裏に入っても 通気層の中をつたって

外壁の下部へ流れて 下部にある水切りと壁のすき間から排出されるようになってます。

三つ目は

外と室内の間に通気層があるので 室温が外気の影響をうけにくいです。

四つ目は通気層があるので音がもれにくく、

外部の音も入りにくいです。

このように外壁は外から見ると 解りづらいですが何層かになっていて 通気層があり、

基本的な施工が施されていると 快適な生活をできるようになっています。

安心して下さい。

The following two tabs change content below.
谷垣徳憲

谷垣徳憲

代表取締役プロシーリング有限会社
谷垣徳憲 プロシーリング有限会社 代表取締役 1963年大阪市生まれ 大阪市鶴見区でコーキング屋を経営する。 住まいの気になるすき間や穴埋めの事等をブログで紹介している。 現場ですき間や穴埋めをし、お住まいの方が安心して生活できるようにという想いから、建物の気になるすき間を誰でも埋めれるようになる「ちょっとしたすき間なら自分で埋めれるようになるコーキング教室」を開催している。

関連記事

CIMG0677

お住まいの外壁を傷める理由Ⅱ

コーキングが切れた外壁 前回のブログの続きです。 家の外壁やコーキングが場所によ

記事を読む

IMG_8905

どんな外壁がいいの?という質問に答えてみました

新築の建物   こんばんは! コーキングで住まいのすき間や穴を埋

記事を読む

コーキングアイジャクリ

雨漏りの原因と対策

アイジャクリのすき間 こんばんは。 雨漏りの原因になるすき間や穴を見つけたり

記事を読む

ビス頭

ベランダの雨漏りを解消する三つのこと

週末土曜日いかがお過ごしですか?   梅雨に入り来週の週間天気予報は晴れる日が

記事を読む

カバー金属サイディング

外壁が金属サイディングの場合の雨漏りが多い事例

金属サイディングの板間のジョイント部 こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけ

記事を読む

アイジャクリカビ

雨漏りの原因と対策

古いあいじゃくりのすき間     夕方から雨が落ちてき

記事を読む

打ち替え浴室

コーキングですき間を埋める以外の仕事

コーキングを打ち替えた浴室   近畿も梅雨入りしたようですね。

記事を読む

IMG_6959

費用がかさまない外壁リフォームのコツ

古いコーキングを撤去してる所   こんばんは〜 住まいのすき間や

記事を読む

IMG_5643

プロと一般の人の違いがなくなってきた⁈

ホームセンターの売り場   こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や

記事を読む

IMG_2533

知って得する外壁リフォーム

古いコーキングの撤去 大阪は爽やかな気持ちのいいお天気でした。 こんばんは。

記事を読む

4FB4DAE0-07DB-482D-9063-D836981757E5
雨漏りの原因を発見するのに大切な二つのポイント

もようじ 雨漏りでめくれかけているクロス こんばんは。

材料種類
雨が降るとよく訊かれる「雨でコーキングが流れませんか?」という質問に答えました

ALCの外壁 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

CIMG2972
壁にすき間があってもすぐに雨漏りしない理由

コーキングが切れた外壁 こんばんは。 雨漏りの原因のす

IMG_7391
コーキングをうまく施工するには先ずコレです。

コーキングの職人さんではない方が施工したコーキング &n

IMG_7895
雨漏りの原因を見つけるのに大切な三つの心掛け

水をかけて雨漏りの調査 こんばんは。 雨漏りの原因

→もっと見る

PAGE TOP ↑