*

建物を寿命を長くするコーキングの量

IMG_4007

コーキングの打設

 

コーキングの施工をしてると色んな要望を受けることがあります。

それは施工する時間であったり、

施工する材料であったり、

仕上げた目地の形状であったり様々なご要望をお受けします。

時間に関してはある程度ご要望にお応えできるとは思います。

材料については要望の材料が施工する箇所にてきしているものであれば

問題なく施工できます。

問題があれば、打ち合わせして最適なものをご提案させていただきます。

今回書かせていただくのは形状について書かせていただきます。

というのも最近、施工させて頂いた物件で

依頼者様から「コーキングを出来るだけたくさんつけといてください。」

というようなご要望がありました。

丁度画像のような状態でそのままにしてくださいというものです。

確かにこの状態だと目地にはコーキングが多く乗ってます。

しかし、コーキングは目地に多いからいいってものではありません。

先ほど”乗ってます”という表現をしましたが

目地に乗ってるという状態では外壁にしっかり密着してません。

密着あしてないと防水にもなりません。

その状態だと剥離もしやすいです。

では、しっかりと密着した状態にするにはどうしたらいいのかといえば。

ヘラでコーキンを目地に押し込むように圧力をかけると密着して、

目地の奥までしっかり入ります。

こうして仕上げたのが正常な施工状態なので

寿命も長く見た目も美しくなります。

 

だから、今回の打設したそのままの状態にしといてくださいという

ご要望にもこいう説明をして正常な仕上げで施工させていただきました。

 

コーキングの施工は目地に対して多くても少なくてもよくなくて、

適量が一番建物のためにはいいです。

いろいろ外壁を見てるとたまに打設したままのものも見るので書いてみました。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
谷垣徳憲

谷垣徳憲

代表取締役プロシーリング有限会社
谷垣徳憲' プロシーリング有限会社 代表取締役 1963年大阪市生まれ 大阪市鶴見区でコーキング屋を経営する。 雨漏りのことや住まいの気になるすき間や穴埋めの事等をブログで紹介している。 近年、雨漏りのご相談が増え、雨漏りでお困りの方が多くいると気付く。そこで、雨漏りのない安心できる生活をして貰える方が一人でも増えればという想いから、雨漏りの調査のできるコーキング屋として雨漏りの調査と修繕、修繕の提案もしている。

関連記事

雨漏りの原因は壁や屋根以外の時もあります。

 雨漏りの相談を頂く事があります。 雨漏りのお宅へ伺わせて頂くと 室内の壁から雨漏りして

記事を読む

すき間を埋めると輝きます。

こんばんは、建物のすき間や穴をコーキングで埋めてる谷垣です。 コーキングを四半世紀以上たちます

記事を読む

たまに頂く質問、既存のコーキングは何を使用してますか?

ぼわーっと影のように油が・・・   よく質問される事の一つに コ

記事を読む

外壁リフォームでよく使われている金属サイディングの利点

金属サイディングの外壁   こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や

記事を読む

2面接着と3面接着の違い

2面接着と3面接着 こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり 住

記事を読む

お風呂の施工に使った方がいいコーキング

お風呂廻りのすき間   こんばんは。 コーキングで住まいのすき間

記事を読む

すき間にはいろんな意味があります。

仕事柄常街を歩いていてもすき間に目がいきます。 それは建物のすき間等のコーキングで埋めれるよう

記事を読む

ベランダの雨漏りを解消する三つのこと

週末土曜日いかがお過ごしですか?   梅雨に入り来週の週間天気予報は晴れる日が

記事を読む

コーキングの種類 こんばんは‼︎ 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

記事を読む

壁や天井に水のシミができたら漏電するかも?!

 壁のシミ   10月最初の日曜日いかがお過ごしですか? 天気も

記事を読む

雨漏り調査から修繕までの流れ

雨漏りの原因が判明  こんにちは、雨漏り調査と修繕の提案ができ

雨漏りでお困りのあなたの参考になれば嬉しいです

雨漏りしているサッシ こんにちは、雨漏り調査と修繕の提案

雨漏りの原因の見つけ方の事例

雨漏りが発生している寝屋川市の3階建 こんにちは。

雨漏りを起こさないようにするにはやっぱりこれ!

  雨漏りの散水調査で原因がわかって床に染み出

雨漏りを止めるのに大切なこと2

手当たり次第にコーキングをしたこ外壁 こんばんは。

→もっと見る

PAGE TOP ↑