*

外壁の寿命を伸ばす二つの立地条件

いよいよ桜も咲き始めましたね。

外で働くには気持ちのいい季節になりました。

日の当たる所にいると少し汗ばむくらいの陽気です。

縦目人

街中の某住宅

画像はたまたま見かけた家ですが、縦目地が切れて中のジョイナーが見えてます。

年数が経つとコーキングにも寿命があるので切れるのは仕方ないと思いますが、

このお宅は、この面だけ縦目地だけが切れていて

他の面の縦目地は全く切れてない状態でした。

では、なぜこの面だけコーキングが切れてたのか?

家を購入するときの参考になればと思いシェアしますね。

コーキングが弱る原因はさまざまですが、

この壁の要因の一つとして、すぐ横が道路になっていて

車の交通量が非常に多いんです。

生活していて、ほとんど気が付かない程度の振動から

ダンプやトラックのような大きな車が通ると結構、振動したりします。

毎日、こうした振動があると、どうしても壁の弱いところに負担がかかり、

サイディングの板の本体より、板と板のジョイントになってるコーキングの所が

弱いので切れやすくなったりします。

家を購入するとしたら、外壁の事を考えると大通りに面してるより、

少しでも大通りから離れている住宅を選ぶほうがいいかもしれませんね。

そして大通りに面していると車の排気ガスの影響でコーキングを打った目地が黒くなってしまいます。

コーキングは汚れやすいです。

そんな理由で家を建てる場合に外壁の寿命にも立地条件は大切です。

The following two tabs change content below.
谷垣徳憲

谷垣徳憲

代表取締役プロシーリング有限会社
谷垣徳憲 プロシーリング有限会社 代表取締役 1963年大阪市生まれ 大阪市鶴見区でコーキング屋を経営する。 住まいの気になるすき間や穴埋めの事等をブログで紹介している。 現場ですき間や穴埋めをし、お住まいの方が安心して生活できるようにという想いから、建物の気になるすき間を誰でも埋めれるようになる「ちょっとしたすき間なら自分で埋めれるようになるコーキング教室」を開催している。

関連記事

CIMG3429

良い外壁施工を見分ける方法

今日で仕事を終えて明日からお盆休みに入ります。 休みの間はお墓参りをして 家人の実家へ里帰りする

記事を読む

IMG_4007

建物を寿命を長くするコーキングの量

コーキングの打設   コーキングの施工をしてると色んな要望を受けること

記事を読む

IMG_5571

得する外壁リフォームのタイミング

劣化がかなり進んだ外壁 こんばんは! 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

記事を読む

鋭角ノズル

うまくコーキングが施工できるノズルの角度

コーキングのガンの先につけるノズル こんばんは。 雨漏りのすき間を見つけたり、

記事を読む

IMG_6928

後で塗装する場合のコーキングはこれ‼︎

変色したコーキング こんばんは‼︎ 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、 コ

記事を読む

カバー金属サイディング

金属サイディングで多い雨漏りの原因

金属サイディングの板間ジョイント部   やっと春らしい陽気になって来ま

記事を読む

IMG_5707

DIY好きな人必見‼︎長持ちするコーキングをする方法

プライマーの塗布 こんばんは。 雨漏りのすき間や穴を見つけたり、 コーキングで

記事を読む

IMG_5707

大切な家が長持ちする補修

プライマーを塗っている   こんばんは! コーキングで住まいのす

記事を読む

IMG_4370

現調で受けた質問に答えてみました〜

1液性のコーキング   こんばんは。 コーキングですき間や穴を埋めて

記事を読む

IMG_5307

外壁リフォームで得する方法

サンライズというメーカーの一般的なのより耐候性が高いコーキング材  

記事を読む

4FB4DAE0-07DB-482D-9063-D836981757E5
雨漏りの原因を発見するのに大切な二つのポイント

もようじ 雨漏りでめくれかけているクロス こんばんは。

材料種類
雨が降るとよく訊かれる「雨でコーキングが流れませんか?」という質問に答えました

ALCの外壁 雨漏りの原因のすき間や穴を見つけたり、

CIMG2972
壁にすき間があってもすぐに雨漏りしない理由

コーキングが切れた外壁 こんばんは。 雨漏りの原因のす

IMG_7391
コーキングをうまく施工するには先ずコレです。

コーキングの職人さんではない方が施工したコーキング &n

IMG_7895
雨漏りの原因を見つけるのに大切な三つの心掛け

水をかけて雨漏りの調査 こんばんは。 雨漏りの原因

→もっと見る

PAGE TOP ↑