*

塗装をする外壁に合ったコーキング

ノンブリード

変色したサッシ廻りのコーキング

 

こんばんは‼︎

コーキングで住まいのすき間や穴を埋めて素敵な生活を応援する谷垣です。

 

いつもコーキングを使って住まいのすき間や穴を埋めてます。

その埋める箇所によってコーキングの種類を使いわけないといけません。

コーキングとひと言で言っても、種類がたくさんあります。

1液性か2液性か?

変成シリコーンかポリウレタンそれかその他の種類?

色はどうする?等々そういうことを考えて選定して施工するわけです。

これを間違えて使用すると不具合が起こったりします。

冒頭の画像もその一つです。

サッシ廻りのコーキングの部分が黒ずんでいます。

塗装する場合は塗装がのるものを使うのは当然です。

そして、塗装を汚染しないものを使用しないと黒ずんでしまいます。

コーキングの中で塗装を汚染しないのは

ノンブリードというものです。

このノンブリードを使わないと冒頭の画像のようになってしまいます。

DIYでご自分の家のコーキングするというあなた、

コーキングの補修をする塗装屋さんやその他の職人さんなど、

このことに気をつけると後々見た目というか美観的に

外壁がいい状態が長く続きます。

塗装するときのコーキングはノンブリードを選ぶことをおすすめします。

 

The following two tabs change content below.
谷垣徳憲

谷垣徳憲

代表取締役プロシーリング有限会社
谷垣徳憲 プロシーリング有限会社 代表取締役 1963年大阪市生まれ 大阪市鶴見区でコーキング屋を経営する。 住まいの気になるすき間や穴埋めの事等をブログで紹介している。 現場ですき間や穴埋めをし、お住まいの方が安心して生活できるようにという想いから、建物の気になるすき間を誰でも埋めれるようになる「ちょっとしたすき間なら自分で埋めれるようになるコーキング教室」を開催している。

関連記事

IMG_8243

外壁の改修工事での疑問に答えてみました

コーキングの撤去   こんばんは! 住まいのすき間や穴をコーキン

記事を読む

建設中

円滑に仕事をするためには情報が必要です

建設中の建物を見るとどんな建物になるかワクワクする    

記事を読む

IMG_3378

バランスの良い家

天然の杉を使った家   こんばんは! コーキングで住まいのすき間

記事を読む

石目地

コーキングを施工できる素材は・・・

連休があけて今日から仕事という方が多いのでしょうか。   コーキングの施工の相

記事を読む

断面壁

壁の内部はどうなってるの?解説しますね。

劣化したコーキング 古くなったコーキングを打ち替える時、お施主さんに質問をうけます。

記事を読む

IMG_1786

僅かなすき間を埋めることで家族のコミニュケーションが親密になる!?

壁から出ているエアコンのパイプまわりのすき間 お盆前の日曜日いかがお過ごしでしたでしょ

記事を読む

カバー金属サイディング

金属サイディングで多い雨漏りの原因

金属サイディングの板間ジョイント部   やっと春らしい陽気になって来ま

記事を読む

Ⅱ撤去

お住まいの外壁を傷める二つの理由Ⅱ

古いコーキングを撤去してるところ こんばんは! 住まいのすき間穴埋め専門家の谷垣

記事を読む

IMG_2874

動画でコーキングのコツ作りました

ヘラでのコーキング仕上げ   こんばんは! コーキングで住まいの

記事を読む

IMG_0127

雨漏りの原因は屋根や外壁、防水の劣化だけではありません

  笠木[/caption]   こんばんは! コーキ

記事を読む

D4334311-5EB7-4004-A09E-592CDC0D3295
建物の状態より、住まれてる方の状況に合った修繕

雨漏りの散水調査 こんばんは。 雨漏りの原因のすき

B6429C83-6FD3-4F01-B956-5F747EC1C861
ベランダの下の部屋の雨漏りの原因を見つける方法

水をいっぱいにした庇の上 こんばんは。 雨漏りの原

318D7CD7-2D1F-4650-8191-F81AEABD1EE4
雨漏りの応急処置って何?

散水検査 こんばんは。 雨漏りの原因のすき間や穴を

2F84F279-3E05-458E-A01B-23484F9F0A15
雨漏りは調査して報告すると安心して喜んで貰えます

雨漏りの散水調査 こんばんは。 雨漏りの原因のすき

4FB4DAE0-07DB-482D-9063-D836981757E5
雨漏りの原因を発見するのに大切な二つのポイント

もようじ 雨漏りでめくれかけているクロス こんばんは。

→もっと見る

PAGE TOP ↑